協会概要

2017年09月24日

アロマハンドコミュニケーター®協会とは

◆理事長の挨拶

介護をしていたり企業戦士であったり、小さな子供がいたり…

忙しい毎日の中、気づかないままに不調体質を構築している要因は様々です。

時間に追われた現代社会の「心を休め、身体を休め、動きを変えてみる」という時間を1日のうち数分でもいいからもつことで、自分の身体の声と向き合い身体を立て直して欲しい。

そんな思いから短い時間でも効果のある息抜きセラピー「アロマハンドほぐし」を考案しました。

「身体が辛い・心を閉ざす・動くのがしんどい」という負のスパイラスから抜け出し、

「身体が緩み・心が和む・動けるようになる」自分へと変わるお手伝いをしたい。

息抜きできる場所が広がることで様々な事がプラスのエネルギーへと変わっていく時間を一緒に

過ごせたら嬉しく思います。

アロマハンドコミュニケーター®協会理事長  太田美季

◆協会設立目的

「アロマハンドほぐし」は限られた時間やさまざまな環境の中においても、年齢・性別を問わず多くの方に対応できるメソットです。そのメソットを行いながらも、コミュニケーションを育むことを大切にしていることから社会福祉の現場、企業の福利厚生の一環として取り入れることで、より多くの方の心和む穏やかな時間をサポートしていきたいと思っています。

2015年11月にアロマハンドコミュニケーター®協会を設立後は、嗅覚(アロマ)と触覚(ハンド)で

ふれあい、コミュニケーションを伝えていくアロマハンドコミュニケーター®の育成に務め、

社会福祉活動を啓蒙しながら、アロマハンドほぐしで心和らぐ時間を共に楽しめる環境づくりをおこなっています。

◆協会理念

22世紀に『人と人との温もり』を残そう。

アロマ=嗅覚

ハンド=触覚

コミュニケーター=伝える人

時代が大きく変わり、人とのふれあいも希薄になり画面を通じたコミュニケーションをとることが多くなった今だからこそ、『22世紀に人と人との温もりを残す』という理念のもとに、アロマハンドコミュニケーター協会は日々活動しております。

◆協会概要

名称   一般社団法人 アロマハンドコミュニケーター®協会

     (Aroma hand communicater Association)

代表理事  太田美季

設立   2015年11月11日

所在地   〒164-0011 東京都中野区中央2-36-10

E-mail   info@aromahand.tokyo

◆事業内容

*訪問アロマハンドほぐし®

福祉施設・介護施設・高齢者センター・企業様などに認定試験に合格したアロマハンドコミュニケーター®が訪問。きめ細やかにお一人お一人のニーズに対応したアロマハンドほぐしを行い、皆様が息抜きできる時間を提供。

*障害福祉と癒しの取り組み

障害福祉QOL向上の一環として癒しを取り入れたアロマハンドほぐし取り入れの提案

障害を抱える人たちの自立支援につながる事業としてアロマハンドほぐし術の提供

*アロマハンドほぐし®スクール

初心者からプロフェッショナルな資格取得を目指す人まで、五感を感じるふれあい術の向き合い方に対応していくクラスを開講

施設・スタッフ研修への取り組みなどを含めた人材育成

*アロマテラピースクール運営

アロマテラピーが安全に取り扱われるよう、アロマインストラクターとして、資格取得を目指す人への指導

◆協会登録システム

当協会では主旨にご賛同いただき、

アロマハンドほぐしの普及・施術提供・指導を行う『アロマハンドコミュニケーター』

社会福祉・介護・児童施設などで香りを取り入れたハンドセラピーを中心に広げる活動にご協力いただける『アロマハンドセラピーメンバーシップ』

二種の登録システムを設けています。