職場のアロマハンドほぐしは未病へのアプローチ

2017年07月22日

訪問アロマハンドほぐし

社員様が肉体的・精神的なケアにアロマハンドほぐしを受けることは、

・ケガや病気の予防につながる

・動きを止められない日常の中に心休まる時間ができる

・椅子に座り服を着たまま行っているので、どんな状況にでもすぐに対応ができるなど、

業務に負担のならない時間を活用し心の余裕を生むことができます。

また受けた後のリフレッシュした笑顔は、企業の笑顔になり

受けた後の深い呼吸を感じ、時間の流れが少し穏やかに感じストレスが軽減することは、

組織全体の環境作りの一助にもなります。

 

=社員様への取り入れメリット=

・自分と向き合うきっかけとなる

・数分でも心のゆとりを感じることに気づく

・日常の所作の中で自分が心がけられることを知る

・ストレスの軽減につながる

・病気や怪我の予防となる

・事故を未然に防ぐ動きの一助となる。

・振動が体内に伝わることを感じ、脳の休息ができる

・温もりを感じることでホッとできる

・気持ちのリセットができる

病気とはいえないが健康とも言えない半健康的な状態を「未病」と言います。

未病の段階で体の不調を治していくのが最も良い療法であるという考え方から

未病のためのアロマハンドほぐし

心身の調和を計り、触れることから生体防御能や自然治癒力を高めることで病気の予防につながります。

 

–アロマハンドほぐし®訪問セッションプラン–

 アロマハンドほぐしは温もりある手から伝えられます。

身体がフッと軽く感じる、呼吸がラクに感じる、暖かくなってきた、動きやすい・・・

体の変化や心の変化の捉え方は一人一人違いますが、変化に気づくきっかけとなり

心和らぐ時間から健やかに過ごす日常へつながっていきます。

 

セッション内容

・15分 

手から肘までオイルをつけたハンドセラピー

→休み時間などを利用し手軽に受けることができます。

香りの作用で会社全体のリラックス作用にも働きかけます。

 

・20分〜30分

背中~頸~肩まわり~腕(上腕・ 前腕・手首・手)を緩めます。 ボディバランスを確認し日常に取り入れやすいアドバイスを行い終了となります。

→空いた空間を利用し、社員の方の息抜きルームとなります。

力の入った身体で仕事をすることは知らず知らずのうちに姿勢も崩れやがて疼痛を引き起こしたりもします。

ホリスティックケアとして社員様の QOLの向上につながります。

 

 

訪問アロマハンドほぐし®はこちらからお問い合わせください